UVは薄毛の原因に変わる

UVを大量に受けることは、人間の身体にとって百害あって一理無しだ。
UVの効能は非常に強力で、その結果はスカルプにまで及んでいることを忘れてはいけません。
基本的に、薄毛の原因にならないようにするために念頭が蒸れるものは防げる傾向にあります。
では、帽子をかぶることはスカルプにとって良くないことなのでしょうか。
実は、帽子をかぶって念頭が蒸れるよりも、UVによってスカルプに負傷を受け取れるほうがよほど薄毛の原因になることがわかっている。
UVの恐ろしいところは、細胞そのものを破壊してしまうことにあります。
元来、細胞は自身甦生の構造がありますので、創傷などをしてもその部分を自身で治癒させてダメージをすぐに治してしまう。
しかし、UVのように細胞そのものを破壊してしまうとその部分の甦生は機能しなくなってしまい、再び治癒することがなくなるのです。
案の定、スカルプにもこれとおんなじことが起こってしまいますので、薄毛を防ぎたいのならばUVによる負傷を遠退けるように努めなくてはいけません。